オメガ3でコレステロールを下げるメリット

コレステロールが高くて体の悪影響を与える病気は、脂質異常症(高脂血症)です。
血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪などが増えすぎると、良い働きをするHDL(善玉)コレステロールが少なくなってしまいます。
この血液中の脂質バランスが崩れてしまうのが脂質異常症です。

LDLは悪玉と呼ばれていますが、もともとは体の隅々までコレステロールを届ける働きをしているものです。HDLは体のなかで余ったコレステロールを回収するので、善玉と呼ばれています。
本来は細胞を形成する成分で、体には必要な物質です。しかし量が増えすぎると動脈硬化の原因になります。しかも自覚症状がないため、放置しておくと脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす原因になります。

これは悪さをする脂質が血管壁の間に潜り込むことが原因なので、食事療法や運動療法によって血液中の脂質を減らすことが必要になります。

ここで登場するのがオメガ3系脂肪酸です。青魚に特に多く含まれている成分で、LDLを減らしてHDLを増やしてくれる働きがあります。

肉などに多く含まれているアラキドン酸は、体内に入ると別の物質に変化して、体の生理的なバランスを崩す原因になります。その結果として起こるのが心臓病、脳卒中、アレルギー体質などです。

これに対して、EPA(エイコサペンタエン酸)などのオメガ3系脂肪酸を長期間摂り続けると、体全体の細胞に取り込まれて、細胞の膜を形成している脂肪成分がアラキドン酸からEPAに置きかわり、体質が改善していきます。体が細胞単位で改善していくのが、オメガ3でコレステロールを下げるメリットです。
LDLを下げるだけではなくHDLが増えてバランスがよくなり、さらに細胞レベルから体質改善ができるということです。

LDLが減ってHDLが増える理由は、オメガ3に脂質代謝を改善する働きがあるからです。

オメガ3を食事から効率よく摂取するには、新鮮な青魚を多く食べるのがおすすめです。サバ、イワシ、サンマなどに多く含まれています。焼き魚でもいいですが、刺身や煮魚のほうがEPAやDHAを効率よく摂取できます。

肉も魚も重要なたんぱく源ではありますが、肉の食べ過ぎは生活習慣病のリスクを引き上げてしまうので、できるだけ魚中心の食生活を心がけるようにしましょう。
毎日魚を食べるのが大変という場合は、オメガ3を含むサプリメントを使って、食事と組み合わせて摂取してもいいでしょう。

この投稿は2016年12月2日に公開されました。

コレステロールを下げたい時のオメガ3の摂り方って?

コレステロールは悪者だと世間一般で広まっており、下げるにはオメガ3の摂取が推奨されています。
実のところ、コレステロールには善玉と悪玉が存在します。善玉は動脈硬化を防ぐ役割を持っていますので、増えることは基本的に良いことです。問題となるのが悪玉です。


悪玉は血管の壁にべっとりとくっつき、動脈硬化を進行させて血栓を作り出し、血液の流れを妨げてしまいます。血圧の上昇に繋がることで高血圧症の原因になったり、血管が塞がることで脳梗塞や心筋梗塞といった病気を患うリスクが高まります。


悪玉の活性化を防ぐのが善玉の役目ですが、悪玉が減少すれば、善玉の働きが自ずと良くなります。この悪玉を下げるのに効果的なのが、オメガ3です。悪玉コレステロールの元になる中性脂肪を減少させる効果を持っています。


オメガ3は体内では合成できませんので、外から摂取する必要がありますが、外から摂取するにはサプリが適しています。本来であれば食事から摂取したいオメガ3ですが、食事から1日の推奨摂取量である2gを摂るのは意外と大変です。現代の日本人の食事による摂取量はとても低く、男性を例にすると30~49歳で0.33g、50~69歳が0.73g、70歳以上で0.78gしか摂れていません。女性はもっと低い量の統計が出ています。2gどころか1gにも満たない量です。


食事で摂取するとすれば、魚介類があまりにも有名です。特に青魚に多く含まれており、マグロやブリ、サバやマイワシなどにオメガ3が豊富です。


しかし、青魚は現代人が積極的に食べる機会が少なくなっており、独特の魚臭さを苦手とする若い人が増えています。苦手なものを無理に、毎日たくさん食べ続けるのはあまりにも苦痛です。


他にオメガ3が多く含まれる食材として亜麻仁油や、えごま油があります。しかし、亜麻仁油は酸化しやすく、良質なオメガ3を摂るのが困難です。えごま油は過剰摂取すると前立腺がんのリスクが高まるという報告があります。油の取り過ぎは脂肪の蓄積や病気に繋がる心配があるため、調整が難しいのがデメリットです。


サプリならば、これらの問題がすぐに解決できます。青魚のような青臭さがなく、酸化の心配がありません。油分のカロリーも気になりませんので、安心してオメガ3を摂取できる魅力を持っています。


1日の推奨摂取量を小さな粒で補うことができ、たくさんの食事を摂る辛さがなく、楽に悪玉コレステロールを下げられるメリットがあります。

この投稿は2016年12月1日に公開されました。

コレステロールが基準値以内でオメガ3を摂るとどうなるの?

コレステロールの値が多すぎるとメタボリックシンドロームの状態が進んで、恐ろしい病を患う結果になります。これを改善するには、オメガ3の摂取が有効です。オメガ3は不飽和脂肪酸に該当するもので、中性脂肪を減少させ、同時にコレステロールを抑える優れた機能を持ちます。

会社の健康診断や病院の人間ドックでコレステロールの基準値に異常が出たなら、積極的に摂取したいものですが、一方で基準値以内の人なら摂取しても意味が無いように考えられがちです。

基準値以内で摂取しても、良いものではなく悪いコレステロールを下げる作用に限られますので、心配ありません。むしろその他にもたくさんの健康効果があることから、基準値以内だからといって避けるのはよくありません。オメガ3は体内で自然に作れるものではなく、外側から摂取しなければならないものです。基準値以内の人も摂り入れる努力をしましょう。

また、予防の面から見てもたいへん優れる点に注目したいところです。人は歳を取ると自然にコレステロール値が高くなってきます。また、血管の老化現象が進み、動脈硬化による病気も心配な部分です。

オメガ3には動脈硬化の予防効果がありますので、健康なうちから血管の柔軟性を保つ対策のために、普段からオメガ3を含んだ食材やサプリメントなどを摂取しましょう。

他の具体的な効果として、がんや眼の疾患、うつ病やアレルギー症状の予防効果があります。オメガ3のEPAにはがん細胞の増殖を抑える働きがあり、眼の網膜の元になる成分であることから、健康状態を維持するのに役立ちます。うつ病の研究結果でオメガ3の濃度の低下が関係していることや、炎症の原因となる物質の合成を妨げるなどの作用が分かっています。

この他にも様々な健康効果があるため、オメガ3をたくさん摂取したくなるところです。しかし、過剰に摂取するのはおすすめしません。国の機関で1日に1000mg以上の摂取を推奨しているものの、3g以上摂ると下痢や吐き気などの体調不良を引き起こしやすくなります。血液の流れを良くする作用があることから、鼻血が出やすくなるデメリットを持っています。

コレステロールが基準値以内の人に限らず、基準値を超える人も、オメガ3の過剰摂取は控えるようにしましょう。但し、現代人が普段の食事からオメガ3を摂取するのはやや難しいため、むしろ摂取不足が懸念されます。過剰摂取を念頭に置きつつ、サプリメントなどで1日の必要量を摂り入れることをおすすめします。

この投稿は2016年11月30日に公開されました。

コレステロールを下げるならオメガ6よりオメガ3が良い理由

コレステロールを下げたい人は、オメガ6ではなくオメガ3を意識した食事をします。

この2つの脂肪酸は不飽和脂肪酸といって、体に必要なものです。化学構造が異なるので、オメガの後に付く数字が違います。

オメガ6にもコレステロールを下げる効果はあります。しかし善玉と悪玉の両方を減らしてしまうというデメリットがあります。

 

コレステロールは細胞膜を構成する成分なので、基準値を超えなければ健康を害することはありません。むしろ細胞膜はウイルスが細胞にダメージを与えるのを防ぐ役割があるので、免疫力を保つために重要な存在です。また性ホルモンや副腎皮質ホルモンを作るのに欠かせません。需要はあってもたくさん摂取してはいけない理由は、脂質で水に溶けないため血管壁に付着して動脈硬化を引き起こす恐れがあるためです。

脂肪の消化や吸収に関わっている胆汁酸は、一度働きを終えると肝臓に戻って再び胆汁酸として働くことができるので、コレステロールは体内にたくさん存在しなくても不足することはありません。しかし現代人はバランスの偏った食生活によって過剰摂取する傾向があります。特にファストフードなど欧米化した食事を好む人は注意が必要です。

 

オメガ6はマーガリンやサラダ脂、マヨネーズなどに多く含まれているため、現代人のほとんどが不足していません。反対に過剰摂取による影響の方が問題視されています。問題なのは善玉まで減らしてしまうことだけではありません。オメガ6は炎症を促進する作用があるので、摂りすぎるとアレルギー症状が悪化します。

 

炎症を促進するのはオメガ6が分解されてできるプロスタグランジンが原因で、この物質は血液を固まらせる作用もあるので動脈硬化のリスクをさらに高めることになります。現代人は悪玉は減らす一方で善玉を増やすオメガ3を摂取しなければなりません。善玉は血液壁に付着している悪玉を回収する働きを持っているので、動脈硬化を予防します。またオメガ3はアレルギー反応を抑制する作用があります。オメガ3はエゴマ油や亜麻仁油、サンマや鯖などの魚油から摂取することができます。

 

オメガ3は熱に弱いため、熱を加えた調理には適していません。ドレッシングとしてサラダにエゴマ油を振りかけるのが一般的です。オメガ3が豊富な油は比較的高いですが、オメガ6の摂取量が減ることで体の不調が改善すれば、医療費やサプリメントにかかるお金が減って経済的です。

この投稿は2016年11月29日に公開されました。

オメガ3で善玉コレステロールは増える?

善玉コレステロールは、血液検査などでLDLコレステロール値で表記されているもので、青魚などに含まれているオメガ3を適度に摂取することで増やすことができます。また有酸素運動をしたり、ブドウ糖の摂取を減らすことでも増やすことができます。LDLコレステロールは体内に存在するコレステロールの中でもサイズが小さなものなので、体内に吸収されるのが早いために血管を詰まらせることはありません。


これに対してHDLコレステロールはサイズが大きいために血管壁に詰まってしまうので脳血管障害などの原因になるとされています。HDLコレステロールの中で体に悪い影響を及ぼすものはごく一部のサイズのものとされているので、人間ドックなどの検査結果で数値が悪くても実際に体に悪影響を及ぼしているとは限りません。


オメガ3は魚に多く含まれているのですが、ベジタリアンや魚が苦手な人は亜麻仁オイルや緑黄色野菜、ナッツ類などからも摂取することができます。一番効率が良いのは青魚に含まれているDHAを摂取することなので、多くのオメガ3サプリメントは青魚の油から作られています。


亜麻仁オイルやナッツ類に含まれているオメガ3は体内に吸収されてから、DHAに変換されなければならないので、吸収に時間がかかります。それに比べて青魚の場合はDHAが直接摂取できるので、短時間で体内に吸収されて脳内のエネルギーなどとして利用されます。
緑黄色野菜からオメガ3を摂取するのはあまり効率が良くないとされていますが、抗酸化ポリフェノールを同時に摂取することができるので、血管の老化を効果的に予防することができます。


オメガ3はたくさん摂取するだけではあまり意味がないとされていて、肉や緑黄色野菜、果物などに含まれているオメガ6も十分に摂取しないと健康効果が発揮できないとされています。


日本人の場合は1週間に1回から2回程度魚を食べているので、欧米型の食事を食べている人に比べると、オメガ3とオメガ6のバランスが良いとされているので、あまり神経質になって摂取する必要性はありません。


オメガ3をサプリメントから摂取する場合には、とり過ぎに注意をするのと同時に、毎日の食生活にも気をつけることが大切で、不規則な生活や栄養不足の食事によって不健康な体になっているときにオメガ3を摂取したとしてもあまり健康効果はありません。
オメガ3はあくまでも他の油と比べると少ないので多めに摂取したほうが良いということなので、摂りすぎてもあまり意味はありません。

この投稿は2016年11月28日に公開されました。

オメガ3でコレステロールを下げて不整脈を予防しよう

脈拍に乱れが起きている状態を不整脈といい、頻繁に起きると不快感や不安感をもたらします。不整脈が起きてしまう原因の一つとして、高血圧や高コレステロール血症が挙げられます。悪玉コレステロールが増加し、高コレステロール血症になると、動脈硬化が進行しやすくなったり、脳梗塞、心筋梗塞等などのリスクも高まるといわれています。対策としては、動物性の脂肪食を減らし、適度な運動を行うなどの方法があげられますが、なかなか改善できないという方も多いのではないでしょうか。


コレステロールを下げる働きがあるとして、いま注目を集めているのが、不飽和脂肪酸であるオメガ3です。オメガ3は、マグロやサバなどの青魚に多く含まれており、中性脂肪を減らしたり、コレステロールを低下させる効果を持っています。オメガ3は、血液の通り道を塞いでいる悪玉のコレステロールを減らすとされているほか、血中の中性脂肪値を低下させる働きを持っています。


オメガ3は人間の体内で作ることができない不飽和脂肪酸の一種であり、積極的に食事などから摂取することが必要です。しかし、青魚などオメガ3を多く含む食品を、毎日継続して食べ続けるのは、なかなか難しいかもしれません。また、仕事の関係などで外食の機会が多く、自炊したくてもなかなかできない、という方も多いでしょう。


そんな場合には、オメガ3をサプリメントで摂取することを、毎日の健康対策として取り入れるのが良いかもしれません。オメガ3のサプリメントは多数販売されており、実際に利用しているという方も多くなっています。利用者の口コミなどでも、オメガ3の摂取によって、ダイエットに成功した、体質が改善されたという報告が多くあるようです。


オメガ3は、その他にも様々な効果を持っており、たとえば美肌などの美容効果についても、高い評価を受けています。女性ホルモンのバランスを整えるという効果を持っているため、更年期障害や、生理不順などの改善にも良いといわれています。また、粘膜を丈夫にしてくれるため、炎症が起きにくくなり、結果として免疫機能の向上にも役立つとされています。


病気の予防にダイエット、美容、そして免疫機能の向上など、様々な効能を持つオメガ3は、積極的に摂取したい栄養素として、今大きな注目を集め始めているのです。健康が気になるという方、不整脈を治したいという方は、オメガ3を意識して摂取すると良いでしょう。

この投稿は2016年11月27日に公開されました。

オメガ3はコレステロール値を下げて動脈硬化を予防してくれる

日本では、動脈硬化に悩む人が増えています。
動脈硬化には、とても多くの要因が関係しています。
動脈硬化の要因は、動脈硬化の危険因子と呼ばれています。
危険因子には、糖尿病や脂質異常症、高血圧などがあります。
肥満に悩む人は、生活習慣病を合併しやすく、特に腹部の肥満は注意する必要があります。
危険因子は、数が多くなるほど、動脈硬化による病気を発症する危険性が高まります。
血糖値が高い状態が続くと、心筋梗塞や脳梗塞になるリスクが高くなります。
動脈は、3層でできており、内膜は内皮細胞に覆われています。


通常、内皮細胞は血液が固まってしまうのを防いだり、血管を拡げる役割を担っています。
ところが、糖尿病や高血圧などを発症して血管に負担がかかってしまうと、内皮細胞が傷つきます。
そして、内膜にコレステロールが沈着物として溜まり、内膜が徐々に厚くなっていくのです。
内膜が厚くなると、コブができます。
このコブのことをプラークと言いますが、プラークができると血液の流れが悪くなり、血管が収縮すると血流が滞り、血管によって栄養や酸素が送られている心臓に様々な症状が出てくるわけです。
プラークが破れると、血栓ができ、脳梗塞や心筋梗塞の原因となります。
コレステロール値を下げて動脈硬化を防いでくれる脂肪酸として有名なのが、オメガ3脂肪酸です。


オメガ3脂肪酸は、不飽和脂肪酸です。
不飽和脂肪酸は、体内では合成できないので、外から摂取する必要があるのです。
不飽和脂肪酸には、オメガ3脂肪酸の他に、オメガ6脂肪酸とオメガ9脂肪酸があります。
オメガ3脂肪酸を摂取することの大きなメリットのひとつが、コレステロールを下げることです。
DHAやEPAに代表されるオメガ3脂肪酸は、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やします。
オメガ3脂肪酸は、中性脂肪も下げてくれます。


中性脂肪は、人間の活動のエネルギーとして使われています。
中性脂肪は、消費されないと、体脂肪として蓄積され、生活習慣病や肥満の原因にもなってしまうのです。
オメガ3脂肪酸のひとつであるEPAを摂取していると、血液中の中性脂肪の値が下がる効果が研究によって認められています。
血液中のコレステロールや中性脂肪が多いと、脂質異常症になるリスクが高くなります。
脂質異常症を放置していると、心筋梗塞を発症するリスクが高くなるので気を付ける必要があります。


オメガ3脂肪酸は、血液の流れを改善することで、心臓の負担を減らすので、高血圧の予防効果も期待できます。

この投稿は2016年11月26日に公開されました。

悪玉コレステロールはオメガ3で対策しよう

悪玉と呼ばれているLDLコレステロールは、人間の体にとってなくてはならない物質です。細胞膜やホルモン(男性ホルモン、女性ホルモン、副腎皮質ホルモンなど)、胆汁酸などをつくるための材料となっています。ですが、必要量をオーバーしてしまうと血管内部に溜まり、動脈硬化の原因となってしまいます。動脈硬化が起こると、心筋梗塞や脳溢血といった重大な病気につながってしまうこともあります。
そんな悪玉コレステロールの値を下げてくれる成分がオメガ3脂肪酸です。オメガ3脂肪酸には悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きを持っています。オメガ3脂肪酸は必須脂肪酸と呼ばれるもので、体内では合成することができないため食品から摂取する必要がある栄養素です。つまり、オメガ3脂肪酸を含む食品を食べることが悪玉コレステロール対策になるのです。


オメガ3脂肪酸は、青魚に多く含まれていることでよく知られています。マグロやブリ、サバ、サンマ、うなぎ、イワシなどの魚に多く含まれています。油がのっている魚の方がオメガ3脂肪酸が多く含有しています。しかし、オメガ3脂肪酸は油分に含まれる成分のため加熱に弱く、焼いてしまうと油が落ちてその量は減ってしまいます。そのため、生の刺身で食べるのが一番効率的に栄養を摂取できる方法です。魚を煮るような場合には、汁ごと食べられる調理法にするのがおすすめです。


それから、オメガ3脂肪酸はえごま油や亜麻仁油にも多く含まれています。えごま油は食用として栽培されているシソ科の植物、えごま種子から絞られた油です。えごま油は酸化しやすいので加熱調理には向きません。料理に直接かけたり、ドレッシングなどにして食べるのが良いとされています。亜麻仁油は亜麻科植物の亜麻仁の種子から絞ってできた油です。亜麻仁油に含まれるオメガ3脂肪酸の含有量はえごま油とほぼ一緒です。


そして、ナッツ類にもオメガ3脂肪酸が多く含まれています。特にクルミは70%が脂肪分で、オメガ3脂肪酸を豊富に含む食品です。クルミにはその他にもビタミンやミネラルといった栄養素も多く含まれています。クルミが健康的な食品なのは間違いありませんが、カロリーが高いため食べ過ぎには注意が必要です。その他に、スーパーフードとして知られるチアシードにもオメガ3脂肪酸は含まれています。チアシードはアミノ酸や食物繊維も多く含んでいる食品です。


実際にこれらの食品を食べてLDLコレステロールの値が下がったという人も数多くいますので、日頃の食生活を見直すことが大切です。

この投稿は2016年11月25日に公開されました。